兵庫の塗装専門店 神戸市北区鹿の子台を拠点に三田市、神戸市西区、神戸市垂水区、神戸市須磨区、西宮市、宝塚市、三木市など
岡村塗装 塗りかえネットワーク 兵庫県神戸市北区鹿の子台南町4-9-9
TEL:(078)951-7100/FAX:(078)951-7101
資料・見積り請求
078-951-7100
岡村塗装HOME ごあいさつ 会社概要 スタッフ紹介 よくあるご質問 プライバシーポリシー
塗りかえストーリー 其の二【作業の流れ】
塗りかえストーリー 其の一【工事の計画や準備】
ここが心配!無料点検
リンク集
資料・見積り請求
リフォーム商店街
岡村塗装の日記
塗りかえの時期っていつ?
サイディングのジョイント劣化
外壁材がサイディングの場合必ず継ぎ目があり、ほとんどがシーリング材を詰めていますが、外壁と同様に8〜10年経過すると裂けてきたり、痩せて窪みが大きくなる等の劣化を生じます。完全に裂けてしまうとやはり水の浸入口になり、建物や外壁材にも良くありません。サイディングが反ったり、変形する原因にもなります。
程度によって違いますが、シーリングの打ち替えや増打ちをして水の浸入や素材の劣化を防ぐ事をお勧めします。
外壁のひび割れ
外壁がモルタル仕上げの場合サイディングの様な継ぎ目はありませんが、継ぎ目が無い分外壁そのものにヒビ割れが生じてきます。もちろんこれも程度によりますが、水の浸入口になり、長期間放っておけばそこから外壁全体が浮いてくる原因にもなります。
外壁用のコーキング材や補修材で水の浸入を早急に防ぐ事をお勧めします。
外壁のはく離
塗膜のメクレは密着不良もありますが、建物の内側やヒビ割れからの水の浸入が原因となるものが多く、特に浴室など水を使う場所の外側によく見られます。
外壁材そのものが水を含んでこの症状を起こしているので、素材自体も劣化している事が多く早急な処置を要します。
もちろん水の浸入口をふさぐ事も必要になります。
外壁の藻・コケ
生えている藻やコケそのものに問題があると言うより、生える要素を持つ外壁に問題があると思います。コケが生えるという事は撥水の効果が無くなり、外壁が濡れてからの乾きが悪く湿っている状態が長く続いているという事です。もちろん立地条件や現状の外壁の模様などによっても差はあるのですが、生えやすい場所であればこそ撥水効果や防藻効果のある塗料を選択して塗装する必要があります。
チョーキング
外壁を触ると手に白い粉が付くのをチョーキングといいます。これは外から付着したものではなく塗膜の表面が劣化して粉状になったもので、耐候性が低下してきているサインでもあります。ヒビ割れや剥離ほど深刻な状態ではありませんが、早めにこのサインに気付くことで塗装工事の準備をスムーズに運ぶことができます。
屋根の劣化
戸建住宅の屋根で塗装が必要になるのは、主にカラーベスト、セメント瓦、洋瓦(モニエル)などがあります。年数が経つとどれも表面の劣化から始まり、雨水を含みやすくなります。その結果カラーベストは変形して割れやすくなり、瓦は水を含む事で軟弱になり、割れの原因となります。
長期間その状態が続くと塗装だけでは復旧が不可能になり、高価な葺き替えが必要になります。
その他、鉄・木部
最近はアルミ製品など塗装しなくても錆びない、腐らない素材が多くなりましたが、鉄や木は100%塗装でもっていると言っても過言ではありません。ですから外壁や屋根以上に定期的なメンテナンスを必要とします。錆や水分による腐食や変形がひどくなると、取替えなどの余計な費用がかかってしまいます。
ポイント
写真では、かなり状態の悪い例をあげていますが、程度によっては簡単なメンテナンスだけで、ある程度の期間もたせる事も可能です。
素地の劣化を防ぐためにも早めの工事をお勧めしますが、足場工事 や諸経費等の重複で無駄な出費を抑えるためにも8〜10年サイクルのローテーションを組む事が大切です。
中には些細な劣化を指摘して、まるで家が倒れてしまうかの様に工事を勧める業者もあるので注意しましょう。
まずは確かな点検・診断を受けてから見積りを取りましょう。
提案される塗料のカタログを添付して下さい。
 
兵庫県経営革新認定企業